ゆったりとした気持ちで眺めるなら象、その存在から… 

一応、父の退院予定が決まったので今後の介護や自分の職について整理する必要があります。
どちらも簡単な問題ではないため、心配や悩みは尽きませんが…

存在感も大きいけど…

存在感の大きな象を見ていると、少し気分もゆったりとした気持ちになるから
大きさもさることながら安心感も与えるような魅力はありそうです。

左右に竹を動かして食べる

哺乳類の中で象が長生きなのは聞いたことがあるものの、近年の研究では実は理に適った生態をしているようです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

父が現在がん治療の真っ最中なので、こうした現状を知ると理想的だと思いますが…
いずれ人もそうなるのか、あるいはこうした研究を土台として安楽死や
人の最期についての考えが確率されるのかもしれません。



老化というのは人間もそうですが、多くの生物には悩みの種ですけど…
実は象って凄いんですね。

哺乳類も数多く生息してますが、案外象が一番先進的か?

2 Comments

横町  

FC2ブログ更新お疲れ様です。

おはようございます。リンク先見て参りました。象🐘が厳しい生存競争を勝ち抜いてきた理由の片鱗が垣間見える気がします。
傷ついたDNA⛓を持つ細胞を排除するというところに、特化したものを感じます。結果的に老いた象🐘は存在しないところに着目しています👀
⭕御礼⭕
お陰様で本日も示唆にあふれた記事に触れさせていただきました。
Mizatさん、今日もいい一日をお過ごしください。ありがとうございます。

2024/02/28 (Wed) 04:07 | EDIT | REPLY |   
Mizat">

Mizat  

コメントありがとうございます。<(_ _)>

>横町さん
こんばんは。進化の過程で得たものなのか独自のサポートする細胞を持っていて…
これを知ってからは自分も象を見る目が変わりました。

先進医療や科学療法もこうした発見から進歩するのかもしれませんね。
ヒントは身近なところにあるという好例かも。

2024/02/28 (Wed) 21:16 | EDIT | Mizatさん">REPLY |   

Leave a comment