タイトル画像

昭和新山熊牧場、登別だけが熊牧場ではない…

2023.08.18(20:27)

有珠山ロープウェイに乗るとなれば、
時間に余裕があれば横に併設している昭和新山熊牧場も見る人が多いと思います。

立ち上がる子熊

ヒグマ牧場は登別で行って以来、あちらは規模がこちらより大きく
ショーなども用意されてますが、入園料もそれなりにします。
反面、こちらの昭和新山熊牧場はヒグマとアライグマのみの構成で1000円でお釣りが来る手頃さ。

アイヌ文化施設や他のものも楽しめる登別かクマを純粋に見る昭和新山か。
割と近隣同士ですけど、行先や目的で決めるのが良さそうです。

少し成長した子熊

子熊や若熊など年齢などでココも分けられています。
今年の子熊は春に公開開始みたいで、今は少し大きくなった頃でしょうか。

水辺を移動する子熊

まだ現段階では可愛らしさも残ってますが、爪も鋭く熊はやはり違うと感じさせます。
威嚇したり、機嫌の悪い時でも無ければ表情は柔らかく、熊は自分も好きですけどね。
市街地にも増えて来ている現状を考えると、そんなことも言っていられません…

少々暑そうな若熊

親熊などより、もう少し若熊は割と活発に動く個体も居ますが…
今年は周知の通りどこも暑いので、割と休んでいる熊が多い気がする。
ホッキョクグマほどでは無いと思いますけど、近年の暑さはヒグマも堪えるんじゃないかなぁ。

水場は人気

色んな個体を見ていても面白いですが、日差しも強く一度水場に入った熊もなかなか出て来ません。
打たせ湯の横に座っているおっさんに見えなくもない。(殴

器用に生きる熊

しかし、暑い中でも愛想よく出来る熊は、人で言うと生き方も器用なタイプと言えるでしょうかね。
自分とは正反対です。^^;

熊も会議をするのか???

熊も人と同じで相性の良し悪しがあるのか、仲良さそうなのは大体決まっているのかも。
去年のキツネ村でも同じことを考えましたが、熊も同じなんですかね。

昭和新山の熊牧場は改めて見ると規模は小規模ですが、コンパクトで見やすく
熊の数も沢山いますから、十分見応えはあります。

キタキツネ牧場、キツネ村、熊牧場。
特定の動物を集めた所へ昨年から時々行っていますけど…
次に行くとすれば、どこになるか。

東海地方だと飛騨高山のリスの森なども良さそうだけど。
ガソリン代も高いですからね。何とも世知辛い…
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://mumunabe2.blog.fc2.com/tb.php/6450-c1b4364b