阿寺の七滝といった天然の涼には及ばん。無駄な足掻きはせんことだ… 

昨日や今日のように真夏日となれば涼しく清々しい場所へ行きたくなるもの。
そんな訳で棚田を見たついでに滝を数か所巡り、暫し瞑想のように耽ってました。

鳳来にある阿寺の七滝

新城、特に旧鳳来町の近郊は滝も多くて何度も来ています。
今回の阿寺の七滝も4度目くらいですね。
最も前回の訪問は… 何時だったろうか。
愛知県内にある100選の滝で、段々になっている静かな滝です。

阿寺の七滝上段部

滝つぼのある下からだと全貌は見えないため、滝見の台を少し上って上段部。
細い筋が流れ落ち甌穴の滝つぼを経て下へ下ります。

阿寺の七滝中段

そして真ん中の滝つぼ。
ここは滝つぼの全貌が見えますね。
静かに流れる涼しげな水の音と空気は心を落ち着かせますな。



元々降水量の少ない秋などは水も少ない滝ですが、今は梅雨時なので水量も豊富。



豪快さや力強さを期待するような滝ではないですけど、
駐車場から遊歩道を1キロ弱で辿り着けます。

大雨の影響で阿寺川沿いの県道442号からは通行止めとなっており、現在アクセス不可。
505号の方から迂回して行く必要があるため、平日ということを差し引いても人は全然居ませんでした。^^;

遊歩道も倒木注意の看板があるように完全撤去されていないので、晴れている日の方が良いと思います。
ただ足元が少々ぬかるんでいるため、行かれる方はご注意下さい。



通行規制解除などは今日の段階で未定のようなので…
愛知県内の道路状況で事前の確認をどうぞ。(こちら)

晩秋の雰囲気を見たい方は以下を参照
晩秋の阿寺七滝

対してこちらは11月末の阿寺の七滝。
下から全貌を見るならこの時期の方が良いかもしれません。
しかし、水量も低下するため・・・ いいトコ取りは難しいかも。

タグ:阿寺の七滝

0 Comments

Leave a comment