社交不安障害や鬱など複数抱えつつ、クルマ・バイクのことやラーメンツーリングなど管理人の日常ブログ。

十年一昔、そんなものはあっという間に来るものだ。その時こそ…

昔の機種でも…

試用期間が終わったので、今月の給与から元々の予定額となるみたいです。
給与とか残業や休日数など、前職と比べて劣っている点はそれほど無いため…
アラフォーの転職としては成功に入るでしょうけど、周りや上の人間が言うように定年まで勤める。

…正直なところ、それは分からないし希望を言えば少し早めにアーリーリタイヤとは行かないまでも
セミリタイヤくらいは少し考えています。

例えば2040年頃は団塊ジュニアの高齢者が増えている頃と予想されてますが…
自分もその時に健在なら50代で先をそろそろ考える時期で、仮に定年が65歳や70歳となっていても
冗談ではない!と一蹴したいもの。

それにこれまで20年近くも心身的な暗闇に覆われながら右往左往してきたので…
同様の年月をさらに過ごすのは正直嫌気が差しています。

まだまだ先のことだと考えていても、母が亡くなって10年。
使用しているガラケーも同様に2013年から使用中。
あっという間だろうなぁ。

しかし、置くだけのワイヤレス充電とかガラケーの割に今と同様の充電法だったり。^^;
時代は変わっても自分の持ち物はあまり変化がありません。

考えて見れば、時々燃費記録を掲載している車のKeiワークスは10年どころの話ではありません。
あっという間に来るなら、それはそれで… 気が変わって最後まで勤めるならそれもアリ。

こんなことを考えるのは昨年1年弱あった無職期間の影響かも。
確かに先々の生活や金銭的なことで不安は強かったですが、自然体で過ごせたのも事実。

身も蓋もないですが、つくづく自分は会社勤めや人との関りは向いていませんね。
服薬せずに仕事と生活をこなせるようになれば、こんなことは考えないのだろうか。
神のみぞ知る。(ぉ

2 Comments

まだコメントはありません

さすらいのクラ吹き  

定年は60から65歳に2025年4月から引き上げですが、確実に70歳、75歳と伸びていくでしょうね。年金受給者の中にはもらえる金額が少なすぎて、アルバイトをしないと生活が苦しいひとも居るようです。

自分も65歳も過ぎて働き続けるのは正直ゴメンです。

今はひとつの企業に長く務める時代じゃないので、転職は普通になった感ありますが、年齢を重ねると転職しづらくなるので、アラフォーあたりだと落ち着きたい感じもありますよね。

もう10年するともっと少子高齢化が進んで、不人気企業は人手不足で確実に淘汰されてる感じがします。

2023/03/06 (Mon) 19:57 |   
Mizat">

Mizat  

>さすらいのクラ吹きさん

自分も同感です。
一昨年に障害者雇用で採用の話が出たもう1つの企業も…
現場の方の実態は技能実習生だらけだったので、100年企業ではあったものの
先細りは確実な気がするので、選ばないで良かったかと今は思っています。

今の職場は派遣はおらず、最低でもパートの直接雇用と正社員のみ。
前の職場と比べると健全ではありますが、人手が足りず停止したままの設備もあり。
そんな状況なので出来ない仕事は止めるという決断はしてますが、
今後はそういう部門が増えそうな予感もしています。

無理なものは無理なので、賢明な判断とは思いますけど、
ジリ貧になるのも確実なのでどうなることやら。

10年、15年とか先にそうなったら自分も潮時かと思いますけど…
環境も流動的なだけに思ったより早く… なんてなるかも。
エネルギー価格、原材料価格、物価高騰といった要因はどうにもならないので
その時はその時で…

2023/03/06 (Mon) 20:36 | EDIT | Mizat |   

Leave a comment