社交不安障害や鬱など複数抱えつつ、クルマ・バイクのことやラーメンツーリングなど管理人の日常ブログ。

医師とて1人の人間、頼り過ぎては長生き出来んぞ… (謎

黒之瀬戸大橋

新勤務先で就業開始してから初の通院日。
これまでに経験がありませんが、代診の先生が来ていて院長が不在。

考えて見れば、心療内科や精神科の医師でも日々堪えることも多いだろうし
亡くなった母と同い年ということを考えると、後期高齢者とか極端な高齢ということもないけど
一線級の働きは当然無理が利かない歳なのは明らかで、
これまでに居るのが当たり前でしたが頼り過ぎも禁物と改めて思います。

ただ、注射や処方していた薬の判断は別の医師が改めてすることから…
代診の先生がNOと言った場合はこれまでに出されていた薬や処置がされないこともある様子。

窓口で文句を言う人も居ましたけどね。
自分も改めて自立という部分では少し欠けていたかもと反省する部分も。

先月まで心を休めながら時々旅に出ていたような心境は…
激務な人は勿論ですが、多くの人に本当は必要なことなんだろうなぁ。

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment