社交不安障害や鬱など複数抱えつつ、クルマ・バイクのことやラーメンツーリングなど管理人の日常ブログ。

好天の時こそ、阿蘇と大地の息吹を感じるのだ…

今回はあまり広範囲をうろうろせずに、天気の悪い時と良い時で景色の堪能場所も変えました。
阿蘇の遠望とパノラマ的な景色は天気が良くないと見えないので、比較的天気の良い時に…

南阿蘇パノラマ展望

阿蘇は今でも活発な活火山なので麓は森に覆われてますが、
標高が上がるにつれて荒涼とした景色に変わります。

外輪山に囲まれた場所に町があるので、盆地の中にある山間部とも趣が異なりますね。

中岳方面を目指す…

北海道はバイクの完全なオフシーズンですが、まだこちらは割と見かけました。
以前の訪問は晩秋の今の時期ではないですけど、上部に来ると景色は変わらず荒々しさが目立ちます。
磐梯吾妻スカイラインなども浄土平などは似たような光景が見られそうですけど、あちらへ行って晴れた試し無し。OTZ

天はホント気まぐれです。

阿蘇中岳火口方面

そして登りきって阿蘇中岳の展望所に。
火口から大量の火山ガスが出ているようで、現在は立ち入り禁止。
展望所でもそこそこ臭うので、まだまだ活動期の様子。

草千里から阿蘇中岳を望む

火口は見られないので、草千里方面へ移動。
改めて先ほどの中岳火口方面を見ると、ガスが出ているのがよく分かります。
火口付近に雲がかかっているように見えるので、こういった光景も阿蘇の力強さを感じますな。

晩秋の草千里ヶ浜

そして阿蘇の中でも人気のパノラマスポットと言える草千里ヶ浜。
枯草の草原といった景色になってますが、緑の時期は一度来たことがあるので…
次はツツジのミヤマキリシマなどが咲き誇る中で来たいと思いますけどね。
梅雨に入るかどうかという時期なので、GWは終わってますから難しそう。
特にこの時期がベストシーズンということもないでしょうけど、実際に複数目にすると欲も出て来ます。

草千里ヶ浜の馬と中岳方面

平日で11月の後半。
以前は放牧されている馬の周辺も観光客がもっと沢山居たイメージですが…
さすがにピークは過ぎつつあるのか、割と静かに見ていられました。

こうしたのんびりとした光景も似合いますからね。^^

阿蘇の米塚

そして草千里からは反対の方向に見える米塚。
かつての噴火後ですけど、ここも今は観光名所ですね。
熊本地震の跡なのか縦筋の亀裂みたいなものが見えました。
以前は無かった?気がするけど、緑に覆われていた時期なので詳細は不明。

でも、無かった気がするなぁ。

大観峰からの夕焼け

そして夕日の時刻頃に大観峰で景色を堪能して阿蘇の風景巡りは終了。
水の里でもあり、火の山でもある阿蘇。
再び来る時はどんな心境で訪れているか…

自分自身を強く保ちながら、是非清々しい気分で再訪を。
そう願いたいです。

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment