霧に阻まれた摩周湖も心の目は開いておる。(謎 

冬場にも来ている摩周湖ですが…
冬季以外の時期に来た際はいずれも霧で見えないタイミングが重なりました。
今回は摩周温泉で泊まったため、反対の裏摩周展望台へ行ってみることにしました。

光の強弱があった摩周湖

宿で過ごしている間に明け方頃まで雨が降ったせいか、曇り気味の少々晴れといった天気に。
それでも湖面はしっかりと見えて第一、第三展望台より湖面に近いこともあり景色はこちらもGOOD。

裏摩周展望台からの摩周湖

湖畔で風も割とある場所の影響か木々の落葉が目立ちました。
雪が降り出す前の最後の光景と言えるかもしれませんね。
もう少し後だと自分も見慣れた景色になりそう。

改めて寒い時ばかり来ることが多いと分かりました… ^^;

草はまだ青々と…

月曜は足寄あたりも昼間は20℃近くまで上がりましたが、摩周や知床近郊は翌日の火曜だと10℃前後。
前日より一気に下がった感はあるものの、今年は真夏日が10月でもあった影響か草もまだ青々としている所も多かったです。
エゾシカもクッキリとした冬毛ではなく例年より遅いかも…

神の子池

そして裏摩周に行った際の定番として伏流水が湧き出ている神の子池も訪問。
多少の砂利道&ダートを通るのでオンロードバイクは慎重に…
木々に囲まれて風が遮られているのか先ほどの湖面より水面が静かです。

この色が…

どうしても心境的に荒んだ状態が続いているので、こういう場所に来るのは意義のあることですが…
一難去ってまた一難という状況が自分らしいと言えばそうでしょうね。

そういう意味ではどんな時も大差ないか。
次にこの近郊へ来るのがいつかは分かりませんが、さてさてその時の心境は…

タグ:裏摩周神の子池

0 Comments

Leave a comment