社交不安障害や鬱など複数抱えつつ、クルマ・バイクのことやラーメンツーリングなど管理人の日常ブログ。

日本三名瀑の1つ、秋保大滝。心を無に、そして無より転じて… (謎

最終日の先週9日は天気も多少回復したため、山間部の名所も1つ出向きました。

秋保大滝

力強く落ちる直瀑の秋保大滝。
濁流とまでは行きませんが、前日までの雨で増水してました。
元々、三名瀑にも数えられてる滝ですが、轟音と迫力が増してます。



一応仙台市内ですし、天気もまずまずなんですが平日で朝方まで雨ということもあり…
殆ど観光客もおらず、滝見台からも景観を独り占め状態。
すぐ横に茶屋があるため、存分に森林浴と水の音を聞きながらリフレッシュ。
近隣にこういう場所があるといいですねえ…

大滝から下流方面

大滝から下流の名取川は、蛇行しながら秋保温泉街と仙台市街地方面へ流れていきます。
まだ気温は夏日だったものの、秋の雲といった感じの空に。
トンボもたくさん飛んでおり、清々しい空気が何とも心地良いです。

秋保大滝の滝つぼ

滝つぼより少し下流の岩場へ移動すると下から全貌も見える滝ですが…
増水していて飛沫も凄く、岩場も濡れていて危ないかと感じたので木々の間から。



どの時期に来ても綺麗でしょうけど、やはり紅葉の時期が一番混み合う時ですかね…



ちなみに住所は仙台市となってますが、市内中心部からは遠く秋保温泉からも奥へ結構走ります。
距離的には山形市内からもそれほど変わらないと思いますが、
不動尊や植物園もあるので自然の景観を見るなら立ち寄りませう。

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment