社交不安障害や鬱など複数抱えつつ、クルマ・バイクのことやラーメンツーリングなど管理人の日常ブログ。

耳が聞こえすぎればハイレゾの神髄と長生きは… (ぉ

単曲は割高…

昨年の4月にウォークマンをNW-A50シリーズにしてから試していませんでしたが…
少し曲を追加しようかと考えてハイレゾ音源の方を試してみました。

通常音源と同じで12~15曲ほどのアルバムだと全曲購入の方が随分安くなります。
ここまで極端な必要もない気はしますが、
1曲ずつ購入しても10曲まとめてでも似たような価格だと昨年勤めていた会社のようになりますから…
これくらいでも良いのかもしれませんね。^^;

今のところ聞く手段は…

手持ちのスピーカーやコンポ、あと車のカーナビも10年以上前の機種なので…
ハイレゾ対応の機器はウォークマン+対応イヤホンという選択肢のみ。

視聴したのが圧縮音源で購入したものがハイレゾ。
正直なところ、曲によって音源が豊かに聞こえるものと変化があまりないもの。
向き不向きがあるのか、アルバム全体で半分程度の違いしか感じませんでした。

自分の耳も大したことはないだろうし、これから歳を重ねたら余計に聞き分けなどもいい加減になりそう。

となると、アルバム価格が1.5倍程度高いという点や2時間弱のアルバム2枚分でファイルサイズが5GBほど。
128GBのmicroSDを追加していなければ本体メモリーが16GBなため、
持ち運びには圧縮音源でないと容量が足りません。

ハイレゾはmicroSDの方に入れておくのは決定ですが、今後追加する場合でも
お気に入りのアルバムを数枚はハイレゾ、それ以外は通常音源の方が現実的か。

ヘッドホンやイヤホンでもハイレゾ対応の物って全体の半分もないような印象。
流行も早く廃れるものと今後のスタイルとして確立されていくもの。
ハイレゾオーディオはどうでしょうね…

あまり普及しないような気がするなぁ。

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment