社交不安障害や鬱など複数抱えつつ、クルマ・バイクのことやラーメンツーリングなど管理人の日常ブログ。

嘘、意地、妬み、嫉妬、裏切りは日常の出来事~♪

最後の手段になると…

今週は至る所で阿武町の4630万円誤給付のニュースが飛び交いました。
一度に多額の資金が動く仕事は昔の証券会社が一番多かったですが…
ギャンブルにしろ投資にしろ全額を後がないから注ぎ込む。

こういうケースは大抵破綻しているのを見ています。

上司のように億単位の取引を扱うことはありませんでしたが、1000万~1500万程度のことは稀に発生。
役職の無い新人外務員にそうそう新規で大型の顧客が見つかるはずもないですが、
1000万を超えるケースだと時々後がない、または事業資金を注ぎ込もうとする中小の社長さんなど…

株に限らず様々な金融商品に全額振り分けることを決断している時点で冷静さを欠いています。
自分はそのような気配を感じた時は、損切りなども含め
冷静に判断が出来ないなら止めましょうと言っていたので成績は良くありませんでした。

営業で成果を出さなければならないのに上記のようなことをしていたので、
支店長からも度々呼び出されて心に響かない説教の山。

自己破産したケースも説明して思い留まる人は、株にせよ先物にせよ少額に切り替えたり
日を改めて今は止めると方針を変えて結局は大負けをすることは少なく
構わないと続行する人は引き際を間違えてパーにするケース多々。

阿武町の4630万円使い込んだケースではどうだったのかなぁ。
一部報道では残金が2000万ほど残っていた状態で弁護士に相談しているみたいなので、
事実なら少なくとも完全に無くなる前に第三者の意見を聞く機会はあったはずだけど…

そこで引かずに続行が完全な運命の分かれ道だった気がする。
自分が扱っていたのは公金ではないので、タイトルのようなことは日々珍しくありませんでしたが、
弁護士なども悪徳と真っ当な場合と両極端な印象。

心が荒んで弱っていると…
自分も現状では万全とは言い難いので用心に用心を。
これは平常心で居られる時もですけど。^^;

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment