タイトル画像

信玄塚や月瀬の大杉。根羽村にて見るがよい…

2022.05.06(21:43)

川のせせらぎと花桃

昨日は長野県の根羽村で山の空気を補充。
これまで通過していた史跡なども含めて改めて村内を見て来ました。

根羽村の信玄塚

国道沿いで前から存在は知っていましたが、武田信玄公の終焉の地として祀られているようです。
元々はもう少し下にあったそうですが道路が出来る関係で石碑や墓を上へ移した様子。
戦国武将の墓って各地にありますが、信玄も甲斐へ引き上げる際に
この付近で亡くなったのは確かな気がするけど本当の所はよく分かりませんね。

信玄塚の祠

お寺などにある墓という感じではなく供養塔といった趣。
過度に後から変なものを建てるより志半ばで去ってしまった訳ですから、このくらいで良い気がします。
川中島付近で叔父が農園をやっていますし、篠ノ井や松代といった周辺に自分の親戚や関係者が集まっているので
信玄は知らない人は居ませんが、自分の周りは何故か謙信の方が好まれている様子。

自分は別に戦国武将好きでもないから、好みとか特にないのですが…
ひっそりと森の中に祀られている。後は各々で想像に任せます。
史跡や文化財は基本的にそれで良いと思います。

神武天皇と彫られた石も隣に鎮座してますが、これは流石に…
後から妙なものを追加すると途端に胡散臭くなる気がするので、昨日今日の話では当然ないでしょうが
こういうものは止めた方がいいと思う。

大杉公園前の矢作川

そしてもう1つは長野県内で最大の巨木とされる月瀬の大杉。
9年前の7月に来て以来の再訪。
その時は今のように大杉公園として整備されておらず狭い道を通り、巨木の前まで行きました。

今は手前の国道沿いに公園として駐車場やトイレなども整備されて行きやすくなってます。
新緑が眩しく、山藤と川のせせらぎ。
紅葉の時も綺麗かと思いますから、半年後あたりに再訪も良さそうです。^^

月瀬の大杉

母方の祖母は亡くなった後でしたが、母もまだ亡くなる直前で祖父と共に来て以来です。
高さも40メートル級の巨木なので圧巻ですが、もう9年前かと少し物思いに耽ってしまいました。
樹齢が1800年前後とのことですから、ずっとこの地で佇む巨木からすると一瞬でしょうか。

そう考えると人の一生って儚く短いなぁと感じながら後に。
個人的に少し前の時を思い出しながら気持ちの整理も出来たので再訪は正解でした。

信玄塚の場所ですが国道153号沿い



こちらは駐車場が無いので、国道を挟んで地図だと右側に降りる道沿いに駐車スペースがあり
そちらが便利です。

月瀬の大杉も大分前に紹介しましたが改めて…



国道沿いの緑の部分が公園の駐車場として整備されて大型バスなども可に。
昨日のネバーランドもそうですが、国道沿いに点々としてますので通過だけでは勿体ないです。
休憩や立ち寄りにおすすめです。
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://mumunabe2.blog.fc2.com/tb.php/5981-437b208a