タイトル画像

されど心の目を開いても… 竜飛崎から先は見えぬ。(殴

2021.11.12(18:05)

3日前の11月9日の工程ラスト…

今の時期は白鳥が…

今の時期は北から白鳥が渡って来る時期ということもあり、
道路を走っていると親子連れで飛んでいるのを見かけました。
油川バイパスや主要道路を走っていても白鳥がまとまっている田んぼは目立ちます。

稲刈りが終わった後の田んぼや畑でも点々と見えますから、
白鳥の飛来地へわざわざ足を運ばなくてもそれなりにまとまった数が見られるのは今ならではかも。

まだ幼鳥でそれほど体毛が白くないものも居ました。
雨が降っていたものの比較的暖かかったので鳥さんたちは食事を継続。長距離の飛行もそうだけど逞しい。

コハクチョウの羽休め

雨の中ですが、濡れない所で少し白鳥の鳴き声と共に休憩をしていたら…
近所の農家の人ですかね… 珍しいですかと尋ねられました。

自分の居住地は田んぼの中に白い個体が居てもサギくらいしかおらず、
長野も湖や湖沼には割と飛来していても田んぼに点々としている光景はあまり無いような。
食事にありつける場所も分かってるのかも。^^;

北から越冬のため来ているので、秋も深まりいよいよ冬と感じさせてくれました。

荒天の竜飛崎灯台

昼過ぎまでは雨も小康状態だったものの、15時頃の竜飛崎到着時は雨こそ豪雨ではないものの…
風が強く荒天に。元々強風の岬と知られる場所ですが、灯台から先は何も見えません。

下北方面も望むけど…

対岸の下北半島方面も霧がかかったように見えず。
竜飛崎の温泉ホテルも宿泊候補にしてたのですが、これだと何も見えませんでしたね。

竜飛崎漁港もひっそり

15時頃にも関わらず薄暗くて漁港もひっそりしてました。
彼方に北海道も… 見える訳ないですね。ハイ。

津軽海峡冬景色の歌碑

ちなみに竜飛崎は津軽海峡冬景色の歌が流れる歌碑があります。
新幹線も上野発着ではなくなったので時代も感じますが、初めての北海道入りは寝台特急の北斗星。
演歌好きでは無くても津軽海峡冬景色は自分も知ってますが、今の20代あたりの人で認知度はどのくらいだろう。

世代ギャップを感じそうでもありますが。^^;



誰も来ないだろうと思っていたらハイエースに乗った男2人の観光客が…
同じくバカキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

向こうも同じようなことを考えていたようで、互いに物好きですなと笑い話に。
同じく竜飛崎手前の義経海浜公園も無人状態。

これもあの時は… と後に思うでしょうか。
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://mumunabe2.blog.fc2.com/tb.php/5806-7e47bbc0