快適な眠りにはケチケチせんことだ。瞬時に… (謎

2020/07/21
先週末は久しぶりに晴れたこともあり、寝具もタオルケットを新調。

国内の地物品です

ホームセンターや量販店の安価なものを使っていましたが、洗濯を重ねるにつれてタオル地のほつれが進行。
仕方がないことではありますが、今回は趣向を変えて国内の東海地区生産品をチョイス。
愛知県の尾張や三河地区は繊維産業などの盛んだった所というのは耳にしたことはあるものの…
これまでに店頭で見かけたことがないため、今回は通販で購入。

知らずに過ごしていたため、少し勿体なかったですね。^^;
早速軽く洗濯してから使用しています。

見た目も良し

ほつれや糸の飛び出しは1000円前後のタオルケットだと洗濯後や1~2回使っただけで少し発生しますが…
さすがにパイルが抜けにくいと謳ってあるだけのことはあり、まだまだ目立ちません。
ひんやりケットとなっていますが、それについては通常の物より少し感じるくらいですかね。

まあ肌触りも良好で長持ちするならば良し。
実売価格が3000円前後なので高級品でもないですから、国内メーカーの手頃なタオルケットならおすすめ。
三河 マイヤーケットといった具合で検索すると沢山出てきますが、価格もピンキリ。

このあたりの違いは何なんだろう。
こだわり出すとキリがないのですが、なかなか奥が深いですね。
comment (0) @ 本日の議事録(日記)
お中元? 何だそれは… (ぉ | まだKeiワークスに別れの挨拶は言わせない。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する