エイリアン以外にも… NO!だ。

2018.05.25(21:45)

年度末の頃に謝罪とか謝ることって大事だと思うと書きました。
基本的に社内では仕事のミスについては
懸命にやるだけやってミスしたら後はフォローと言ってくれるけど…

果たしてそれがいいか、そうだろうかと疑問に日々思うわけです。
ビジネスや仕事だから結果が大事なのは分かります。
けれども、謝ることや謝罪って基本的に反省に繋がるものだからしないのはNGだと感じてしまいます。
特に今のような時だと余計。

社内での不祥事も特定の人間がしたことにして無かったことになんてのも…
何度か見ているので、いざとなったらアイツのせいですと転嫁して終わりなんて話にならないだろうか。
日大アメフトの件でもそうですが、あれは学生守らない、選手守らない、大学自体も守らない、個人の保身。
少し構図は違うけど、特定のものを守るために容赦なく切り捨てる。そんな可能性もありそう。

真相の誤魔化し

会社もデータ偽造、官僚や政治も改竄、大学や学校関連も隠蔽や責任逃れ。
自社基準でも安全性には問題ないとか、そういう意味で言ったのではないとか謝罪する前に余計な一言。

死人に口なし

世の中、何だか黒過ぎると言うか近年ここまで酷く感じたのも珍しい。
努力するとか真面目にとかバカバカしく思えるようだと本当に救いがなくなってしまう。
実際にそういう人ほど搾取されたり利用されたりしてる印象もあるから何だか暗い気分が余計に暗くなりそう。

連日、そんなニュースや報道ばかりやっているから認めて終われと本当に思ってしまいます。
加害者となってしまったアメフトの選手はともかく、それ以外の人は首相や官僚、監督、社長など…
いい歳だし、刑事的責任とか刑事罰を受けるとか今さら気にするなと言いたい。

いつまで続くんだろう。いつまでも見たくないですね。
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://mumunabe2.blog.fc2.com/tb.php/4539-43834be8