タイトル画像

フフ。麺屋滝昇、南区の良い店のようだな。

2016.05.21(22:28)

内田橋の麺屋滝昇

知り合いが名古屋市内の南区に居るので、休日にフラッと出かける頻度は割と高め。
熱田も近いエリアですが、内田橋あたりだと先日紹介した突撃ラーメンに行ってしまうのですが…

前から気になっていた内田橋商店街の中にある麺屋滝昇というお店に行ってみました。
魚介醤油となっており、写真は山盛りですな。ガッツリ系を連想させますが朝が軽かったので○かも。

標準で他店の大盛くらいあるようなので、通常サイズのラーメンを頼みました。
マーボー麺とか変わったメニューも面白そうですが、初なので看板品で。

滝昇のラーメン

もちもちの極太麺と野菜類のトッピングが載った濃厚な醤油といった感じでした。
ニンニク有り無しも選べるし、油も見えるようなスープでしたがボリュームは満足です。^^

醤油で濃厚なものをと望む人向けでしょうか。
カウンターのみで10人くらいしか入れない所なので、大人数向けではありません。
駐車場も道を挟んだ向かい側に4台くらいのみ。

お昼時などは混むので、車で行く場合はそこに注意です。


タイトル画像

写真では老いすぎたようだな…

2016.05.20(22:04)

転職活動の時も同じ事を言われたんですが、履歴書には写真を貼って出します。
今も会社のHPにも自分の写真が小さく載っているので…
取引先の初めて会う人も事前に見ている人が多い訳です。

その時に写真だと年齢相応の見た目。
実際に会うと年齢より大分若く見えるということを言われます。

転職時も今も変わらないことから、自分はどうも写真写りが良くはないらしい。
年齢相応に見えるなら悪くはないんですが… ^^;

どうしても良く見せたいなら、Photoshop加工を施して… (殴
でも、今はそんなことも出来るわけですからやってる人も居るでしょう。
タイトル画像

なぜ車はよくてバイクはダメなんだ~

2016.05.19(22:24)

転職活動の時、会社を選ぶ際にバイクの良し悪しで決めたところもあります。
バイク通勤はダメだけど、車はOKって所、バイクも車もダメって所はパスしました。
(都心部で交通機関で行くのが望ましい場所とか駅の直近とかの事業所は除きます)

こういうところは案の定、二輪に対して良いイメージを持っておらず乗るに人には肩身が狭い。
個人的には手軽な存在なんだし、原付いいじゃないかと思いますけど…

その点は今の職場は別に何でも可。
数度、バイクで会社へ行ったこともありますが社長にアレ何CCなの?などと聞かれたり…
長い目で見ると、興味はなくてもそのように見てくれる職場の方が自分には○でした。

変な基準で会社決めてますね。^^;
タイトル画像

スズキも燃費の不正測定。なんのことかな、フフフ(ぉ

2016.05.18(21:00)

三菱の燃費データ改ざんで揺れている中…
スズキも出やがった。OTL

詳細はこちら
改ざんはしていないとのことですが、不正は不正だから複雑ですな。

ただ、前回の燃費記録を見るとKeiワークスの場合はカタログ値の燃費達成率はほぼ100%。
先月末の記事はこちら
2010年頃からという話だから該当年式の車にはなりませんけどね。
自分の車の場合、実際には同程度の数字も公道で出せるし、改めて計測しても誤差の範囲内なら…
最初から正確に出せよ… (T_T)

しかし、こうなると他も五十歩百歩で何かしら細工してないかと疑いたくなります。
あとはホンダ… 自分のバイクは果たして。
タイトル画像

そんな研修など大昔、とうに忘れたわ。

2016.05.17(20:47)

ビジネスマナーや言葉遣い、普段から意識した仕事だと忘れないものですが…
現場とか専門的な仕事を延々とするようなケースだと案外忘れてます。^^;

管理部などの自分は比較的覚えてますが、工場とかの人だとかなり怪しい人も居る。
中途採用の人が殆どだから、基本的にはそれまでに得たもので行動はするはず。

基本的に今の職場は研修とか何もありませんからねぇ。
そういう意味では昔の新入社員研修は無駄では無かったことになりますけど。

監査とか外部の人が隅から隅まで見に来ると意外とそういうことが分かります。
時々は外部の目も必要ってことですね。
タイトル画像

大型二輪とったぁ!心の不安もここまで… (謎

2016.05.16(21:35)

精神的な不安や緊張、
そのようなものが和らいだ時って何かしようと思うエネルギーが湧いてくる印象があります。

自分のケースだといつ頃だろうか…
多分、週に3日とか4日くらいしかバイトに出ておらずフリーターとしても適当だった頃か。
時間はあったので大型二輪を取りに行ったあたりが気分的に↑だったような気がする。

そう思うと、経済的には今の方が安定してますが、心の勢いと言えば当時より↓。
新しく何か始めようという気になれば、今後の展望も少しは明るいんですが…

とりあえず早く大型に変えるのが手っ取り早いか。(ぉ
タイトル画像

お前の出方は全て見切った。(謎

2016.05.15(21:58)

昼間は既に暑い・・・

休日の過ごし方が晴れていれば昼にラーメン食べに出かけたりするツーリング。
あとは買い物と静かな場所で少し過ごして帰るというケースばかり。

集団でのマスツーも年に数回しか行かないから、本当に自分の過ごし方は一人が多いです。
外にいるか中にいるかの違いなだけで、休みの日だけを見れば引きこもりのように見えなくもない。
まぁ、~へ行ってみようという気になるだけマシかもしれません。

ただ、対人恐怖的なものと他にも心身症を持ちながら仕事をしていると…
要領の良さや効率性などが犠牲になっている点は目立ちます。

逆に丁寧さや正確さ、安全といった点では良い面も多いので難しいところ。
管理部のような自分のポジションだと片方は少なくとも満たしているから影響は少ないかも。
むしろそういう観点で見ると、スピードや量をこなさないとダメな仕事は向かないことになる。

分からないもので、保険の営業でトップの人が自分と同じ症状を持つ人だったりするから…
世の中は不思議です。^^;

結局のところ、やってみないと分からないという話になりますが自分の進路…
やはりそろそろ考えねば。
タイトル画像

そんな実態は初めて聞いたね。嘘ついてない?

2016.05.14(23:39)

転職活動中は図書館へ何度も足を運んだ時がありました。
帝国データバンクや東京商工リサーチなどの会社情報が置いてあるからです。

人数が数十人くらいの小さな会社も割とどちらかに載っていることが多くて、役立ちます。
無論、公表されているデータが正確だとは限りませんが、中には笑えるケースもあったものです。

面接時には○年から増収増益と言っていたが、実際は2年連続マイナス。
外部の監査なども厳しくして、透明性をと言っていた会社でも役員から監査役まで全部一族。^^;

何か詐欺が横行しているぞと思ったこともあり、そういう会社もパスしました。
自分の勤め先であっても案外知らない事もあると思います。
市や県などの大きな中央図書館には大抵置いてあるので、見てみると面白いです。

もちろん、転職活動や取引先などのことを見る場合にも有効だと思います。
タイトル画像

ブラック企業の基準。それは自分と時代が決めるのだ。

2016.05.13(23:59)

転職活動時に使用したノート。
かなりの数を受けて詳細に記したものなので、今でも手元に残してあります。
改めて見ると、自分の中でNGとした会社は結構明確な理由あり。

転職フェアなどでブース以外の勧誘禁止にも関わらず、お構いなしな会社。
未経験でも可と謳いながら、選考落ちの理由で経験不足と言う支離滅裂な会社。
まあ極端なのは他にもあるんですけどね… ^^;

でも、いずれにしろ… 上記のような会社はあまり信用できません。
直感的にダメと感じたら、それが正解なのかもしれません。
タイトル画像

孤独を愛せばいいだろう…

2016.05.12(22:06)

自分とペアで仕事をしていた人が去りました。
非常に短い期間のお試し的なくらいで辞めたので勿体無い気はしたものの…

傍ではキツイから辞めたとの憶測が出てますが、
それよりも個人的な領域を好む人だった点が大きそう。

仕事とプライベートは確実に分ける派で、社内の飲み会なども嫌。
元々、個人プレイが好きなタイプみたいだったし、トラックの運転手だった点も考慮すれば…
自分の領域で仕事をしつつ、終わったものを引継ぎとかそれが嫌だったんじゃないかと。

20代前半の自分より若い人ですし、休憩時間も話などせずに外でスマホ弄ってたくらいですから。
自分が割と関わるようなケースが多いだけに、指導法と接し方を磨いておかねば。
自分にもそれは役に立ちそうですから、方法を確立も悪くないと思います。

難しそうですが…

2016年05月

  1. フフ。麺屋滝昇、南区の良い店のようだな。(05/21)
  2. 写真では老いすぎたようだな…(05/20)
  3. なぜ車はよくてバイクはダメなんだ~(05/19)
  4. スズキも燃費の不正測定。なんのことかな、フフフ(ぉ(05/18)
  5. そんな研修など大昔、とうに忘れたわ。(05/17)
  6. 大型二輪とったぁ!心の不安もここまで… (謎(05/16)
  7. お前の出方は全て見切った。(謎(05/15)
  8. そんな実態は初めて聞いたね。嘘ついてない?(05/14)
  9. ブラック企業の基準。それは自分と時代が決めるのだ。(05/13)
  10. 孤独を愛せばいいだろう…(05/12)
前のページ 次のページ