何か運転がし易いな。

2013.05.21(21:36)

先日のバッテリー交換後から感じたことで嬉しい部分。
何か運転が楽になった。MT車のため、シフト操作をするのは当然ですがスムーズになった印象。


ギヤオイルなどを交換したわけでもないのですが、これは嬉しい誤算。
電装の効率悪化とか点火プラグの着火不良などが改善されたことなどによる産物でしょうか。
MTの利点の1つはこういう細かい変化に気付きやすいということも言えそうですね。


しかし、バッテリー交換による変化って微々たるものという気がするので別の要因かも。
いずれにしても、この夏は安心して迎えられそうです。



街乗りのみで真価を発揮するものではない…

2013.05.20(20:52)

バッテリー交換が済んで、久しぶりにまとめて給油を行ったので燃費を調べてみました。





15.32k/ℓという結果ですが、今回は一般道のみ。高速やバイパス使用無しという条件で測定。
過去最低を記録するかと思えば、そうでもなかったですね。^^;
バッテリー交換を終えたばかりなので、ECUなどもリセットされたかもしれませんが次回はその影響が出そうですね。
良くなっている分には歓迎しますが、大抵悪化するんだろうなぁ…



バッテリー交換。保護など漢には不要だ(殴

2013.05.19(20:11)

さて、昨日に車のバッテリーを交換したのですが…
当然のことながらバッテリーを車体から外すと電装品などの車載機器がリセットされます。


今回はどの機器がOKでダメなものは何かが知りたかったので、あえてメモリ保護をせずに敢行。


結果を載せると…
・そのまま使用可能だったもの
セキュリティ機器、パワーウィンドウや電動ミラー、トリップメーター表示の継続。


・一部機能がリセットされたもの
オーディオナビの設定、時計など。


リセットされたナビについての詳細ですが
車両情報、音質・スピーカー設定、目的地検索履歴やナビ表示案内、色表示などの詳細設定はリセット。
逆に目的地として記録した地点、ナビ本体に入れてある画像や曲、プレイリストなどは無事。


あくまで自分の車での一例ですが、自分で設定しなおすのが面倒でなければ、割と復帰は早い。
しかし、他にも車載モニタやバックカメラなど電装品が多い方はメモリ保護は必須かもしれません。
ナビによっても保護されたりされなかったりという項目は違うでしょうから、心配な方は保護しながら交換が良いかも。
あえて今回は探るために実験しましたが、新たに手を入れるのが面倒な方にはおススメしないので、ご了承ください。



caosだよ。よく見てくれたなぁ。

2013.05.18(16:14)

このところ元気を取り戻したかに見えたkeiワークスのバッテリーですが、昨日の夜にとうとうパーにしてしまいました。
完全なバッテリー上がりのため、今日は少々充電をした後に買いに行くことを決意。



ちなみに電圧測定の意味も兼ねて、交換前に調査。
こいつを取り付けてあるので見てみると、12Vのラインを下回っている様子。
そういえばセルの回り方も緩かった事が数度、充電しても電圧が12Vラインを下回る、
白い粉が少々バッテリー付近に発生。
清掃時も含めてこれらの現象が前触れでしたね。^^;
ギリギリまで考えていたので、上げてしまいましたが
これらの状況が2ヶ月ほど前から目立ち始めたので今後の目安になりそうです。



交換前のバッテリーは古河のFB7000シリーズ。平成19年に使用開始したものなので、5年半近く使いました。
標準的なものよりワンランク上の補水型バッテリーで41000kほど使用出来たのは上出来かもしれません。
考えてみれば、タイヤもちょうどそのくらいの距離で交換したので、何か運命的なものでもあるんでしょうか。(殴



交換品は悩んだ末にパナソニックのcaosバッテリーに決めました。
古河のもうワンランク上のバッテリーに限らず、ランクの高いものは殆どが補水不要タイプのMFですね。
見た目にもエンジンルームが色鮮やかになりました。^^



新バッテリーに充電終了後は、12〜14Vの間で安定しています。
緑のLEDも点灯し、電圧低下もないようです。(旧バッテリーは充電器を外すとすぐに下がりました。)

交換後の変化は…
1.エンジン始動が早い。(当たり前と言わないように)
2.オーディオの音量を1〜2段階下げてちょうど良くなった。
3.セキュリティON、OFFの反応が向上。


すぐに体感出来た変化はこの3つです。夜間に走ればライトなどの明るさなどもあるかもしれません。
caosの謳い文句にもあるように、音質の向上というのは多少はあるかもしれませんが、
以前のバッテリーがヘタっていたために感じ過ぎるという点はあるかも… 向上は確かにしています。


但し、注意点としては…
MFの補水不要期間は3年くらいらしいのと、ガスの抜けが悪いのでスタンド等での急速充電は不可らしい。
あとは写真の液栓を覆っている黄緑のシートを剥がすと、補水不要の効果が失われるらしいので、
その場合は補水型として使うようですね。


ポイントとか通販とか利用して安く買うなら、少々値段はするものの性能としては申し分ないと思います。
性能の高い乗用車バッテリーを考える方はおススメです。


せめて、なうを懐かしんで偲ぶが良い。

2013.05.17(20:48)

ツイッターを利用している訳でもないですが、〜なうというつぶやき…
ツイートが流行りだした頃は見かけましたが、今は頻度が下がってますね。


こういうのも流行があるように廃るのも早いんでしょうか。^^;
別なつぶやきになると中には意味の分からないものが出るかもしれませんが、
そのうち自分も手を出すかどうか、ブローチ次第ですね。



税金。払わない奴の末路…

2013.05.16(20:52)

今月は自動車税の支払いが来る月でもありますが、コンビニのレジ等で支払う人を多く見かけます。
他のものより支払い期限が1ヶ月と短く、過ぎてしまうとコンビニでは用紙が使えなくなり、払えなくなるので厄介。


せめて2ヶ月くらい猶予があってもいいとは思うんですが、今知っている人で約一名、海外に行っているシトが…
1年くらい帰ってこないと聞いているので、当然支払い期限までに納付は不可。


こういった場合の救済措置、どうなんでしょうか。^^;
後で聞いてみれば分かりますが、面倒な手続きが必要になりそうですね。



うぬらもう我慢ならぬわ〜

2013.05.15(20:59)

病院でデカイ声… 非常に目立つんですが、罵声や罵りをするのはもっと目立つ。
今日も変なのに遭遇。見たところ、嫁入り婚で付き添いながら病院に付いて来ているといった関係か…


しかし、病人にはちとキツイ罵声が多い。
間違いなく、精神科で言おうものなら大問題になる&新卒者の営業などに言えば鬱になるレベル。


妙な傾向は続いて欲しくないものですが、最近はチョッと多い。OTL



ここは車専用の駐車場。無断で立ち入る者は…

2013.05.14(20:42)

GWも終わって各行楽地や施設も混雑が分散してきました。
どうしても移動する人が多いと、それだけに車も殺到するのですが困るのは意外とバイクだったりもします。



こんな標識があると、途端に立ち往生なんてことも… OTL
数にしてそれ程多くはないんですが、こういうところに限って二輪の駐車スペースがお粗末。
都心の二輪駐車スペースが不足というのは前から指摘されてはいますが、郊外も意外と要注意。


事前にネットなどで調べておくべきポイントですね。



鳥が落とす糞など、早過ぎて避け…

2013.05.13(20:37)

カモの親子連れやサギが木の上に巣を作ったり、身近な鳥の子育て時期ですね。
屋外に止めてある車も普段より糞に当たる頻度が高めの気がするので、こまめな拭き取りが必要。


確率的にはそう高くないかもしれませんが、車ではあるのに
バイクに乗っている最中などに糞がヒットした記憶はない。^^;


走行中に虫がメットに当たったりとかは結構あるんですが、今のところ鳥の糞は全てかわしている。
やはり当たるとすれば今の時期でしょうか。ここを乗り切れば… なんて言ってると明日あたり怪しいかも。



景気回復か。そうか…

2013.05.12(20:48)

景気が上向きかどうか。
判断する材料は人それぞれでしょうが、昔のバイト先が残っている自分にはその時給も判断材料になります。


二転三転しながら、一番良い時は自分が居た時より+150円。
現在は+50円前後を推移しているらしい。^^;


これを見る限りは… まだまだといった感じですね。
+200とかになれば景気上昇中なんてことにもなっていると思えそうですが、そんな時が来るとも思えず。


実際に波及効果などで目に見える効果というのは、こういうところまで波及してでしょうね。



2013年05月

  1. 何か運転がし易いな。(05/21)
  2. 街乗りのみで真価を発揮するものではない…(05/20)
  3. バッテリー交換。保護など漢には不要だ(殴(05/19)
  4. caosだよ。よく見てくれたなぁ。(05/18)
  5. せめて、なうを懐かしんで偲ぶが良い。(05/17)
  6. 税金。払わない奴の末路…(05/16)
  7. うぬらもう我慢ならぬわ〜(05/15)
  8. ここは車専用の駐車場。無断で立ち入る者は…(05/14)
  9. 鳥が落とす糞など、早過ぎて避け…(05/13)
  10. 景気回復か。そうか…(05/12)
前のページ 次のページ
前ページ | ホームへ | 次ページ