俺は人の意見を聞かない奴は信用しねぇ〜

2006.02.28(19:57)

教員、学校を巡る事件・・・ 
明らかに昔より多いですね。^^;
 
現職の方には申し訳ないですが、学生の頃からあまり先生自体が信用出来ない・・・
↓こんな事があるとそれに拍車がかかる。 「やめなさい!」
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_02/t2006022838.html

うぬらの情報は筒抜けになっておるわ!

2006.02.27(10:18)

今の職場は外部からの伝票がよく届きますが、
個人情報が叫ばれているわりには変な物が入っているのです。 _| ̄|○
名刺、航空機の搭乗半券、領収書(名前&社名入り)、DMハガキ.etc…


クリーニングへ服を出す時にはチェックするはずですが、
外へ仕事の依頼をしたり注文をする時にこれは問題ですぞ。 ┐(´ー`)┌


「うぬらの情報は己のミスによって筒抜けになっておるわ!」 (なじょ



ゆっくりと湯船で至福の時だ。

2006.02.26(17:57)

今日は何でも風呂の日だとか・・・ ( ̄▽ ̄;)
休みなのであまり意識して風呂に浸かってもいませんが、
まだ今の時期だと温泉が恋しいです。


しかし・・・
一時温泉の偽造問題があって以来慎重になってる自分。
地元でも発覚した温泉があった訳で、どうもそのあたりの湯に行こうという気も起きない・・・
マンションの耐震強度偽装、温泉偽造etc 悔い改めよ!
主はお怒りです。(なじょ



あなたは自分の仕事を放棄なさる気か!

2006.02.25(20:42)

今の職場では仕事中あまり外に出る機会はないのですが、
かつては外回りをしておりました。 すると・・・誘惑が多い。 _| ̄|○


店空いてる&掘り出し物が出てる。
東京で勤務していた時は即秋葉原へ突撃してました。 ヾ(・ω・)ノ゛


何だかんだで誘惑に弱い・・・ (ヴァカ



天才は何でも許されるんだあ〜 (虚偽、偽り)

2006.02.24(20:13)

会社の非常用設備や防犯設備が一新されました。
泥棒など油断出来ない世の中ですから・・・
http://www.sankei.co.jp/news/060223/sha066.htm


でも、ピッキングとかも時間をかければ大抵成功するんだよな… (おぃ
やはり最終的には「このドアにはな、電気が流れてんだ!バカヤロー。」
これしかない。(なじょ



さすが日本一を名乗る山だ。伊達じゃねぇぜ

2006.02.23(19:40)

日本一高い山は・・・ 
世界の常識ですが 低い山は・・・ ????????? 答え↓
http://www3.kcn.ne.jp/~jinlime/tenpouzan.htm 2分以内に登れることでしょう。(殴

こんな時代が気にいらねぇ〜

2006.02.22(08:40)

先日、部門長と話をする機会があったのですが・・・
愚痴ってばかりでした。 ( ̄▽ ̄;)


確かに世知辛い世の中ですが、何か明るい話題はないんですか?orz
夕方薄暗い事務所&暗い気分だったら・・・
何ともやりきれない。 オリンピックもイマイチだし、
気分爽快になるような事が起きないものだろうか・・・・・・・・・



これだぁ〜 こいつは効くぜぇ〜

2006.02.21(19:43)

酒好きの自分にとっては日本酒の銘柄を見るのも好きですが・・・
その銘柄の中に・・・ 『瑞鷹』 『阿弖流為』という名前が!!


漢の酒キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! これは飲んでおかなければ。(謎



よく喋る狼だ。

2006.02.20(19:38)

個人的な好みの話になりますが、自分はバリバリの体育会系は苦手です。
五月蝿い・・・ 声でかすぎ・・・ ノリ軽すぎ・・・


もともと、多弁な人はあまり好みではありません。^^;
口が軽そうに見えるんですが、偏見も良くないですね…



たとえ天地逆になろうとも・・・

2006.02.19(20:13)

己の道ではないのですが、性分というのは変えられんものか・・・
良い所は変えずに・・・ 無理だよな・・・

2006年02月

  1. 俺は人の意見を聞かない奴は信用しねぇ〜(02/28)
  2. うぬらの情報は筒抜けになっておるわ!(02/27)
  3. ゆっくりと湯船で至福の時だ。(02/26)
  4. あなたは自分の仕事を放棄なさる気か!(02/25)
  5. 天才は何でも許されるんだあ〜 (虚偽、偽り)(02/24)
  6. さすが日本一を名乗る山だ。伊達じゃねぇぜ(02/23)
  7. こんな時代が気にいらねぇ〜(02/22)
  8. これだぁ〜 こいつは効くぜぇ〜(02/21)
  9. よく喋る狼だ。(02/20)
  10. たとえ天地逆になろうとも・・・(02/19)
次のページ