タイトル画像

ヨコハマのBluEarth-Es ES32、165/60R15ならこれで十分結構です。

2024.02.03(21:56)

先月末の点検時に少しタイヤのことを指摘されたので、次の車検はNGだろうと考え…
久しぶりに車のタイヤを交換しました。

2017年5月以来の交換なので、もう少しで7年経つ所でした。

結局ひび割れが先に…

前からそうですけど、自分の場合は摩耗が進んで溝が無くなるというより…
ひび割れやクラックが目立ってきて交換というケースが多いです。
そういう訳から、耐摩耗性も大事ですが劣化の進行が遅いタイヤの方が用途としては向いていますね。

タイヤも値上がりが…

前回は値引き品も含めると30000円そこそこから選べたものですが、
以前よりこのサイズを扱うメーカーも減り各メーカー値上げ&増税など。
廃タイヤの処分代も地味に上がっていたり、40000円そこそこ出さないと選択肢がありません。((+_+))

Keiワークスの場合、ハイト系ワゴンでも無くハスラーや以前は採用例のあったダイハツのキャストアクティバより
車重も100キロ前後軽いためヨコハマのBluEarth-Es ES32でエントリーモデルタイヤにしました。

これまでのPlayz PX-Cが転がり抵抗A、ウェットグリップb
BluEarth-Es ES32は転がり抵抗A、ウェットグリップcと多少落ちますが…
それが気になるような運転はしていないし、自分の車でヨコハマタイヤを使うのは初めてですが
柔らかい乗り心地で劣化も割とゆっくりだった印象があるため、
年間の走行距離も知れている今は無難なチョイスかと思います。

新品は気持ち良い

新品タイヤにすると乗り心地も気持ちよく、これも一応静粛タイヤを掲げてますから
劣化したタイヤと比べて静かになりました。

エコタイヤ→エコタイヤの交換なので発進時の軽快感などは前回の交換時ほど感じなかったので
ウェットグリップがどうこう言っても数%くらいの違いかと思います。

改めて、旧タイヤ ブリヂストンplayz PX-C 使用期間6年9ヶ月
タイヤ交換時

走行距離:25958キロ
前回が20000キロを下回る時点で交換してますから、多少は長く使いましたが…
40000キロオーバーで初回交換を考えると今は乗らなくなりました。

2017年の交換時は確か前の職場で主任昇格後、再び服薬をしながら悲鳴を少しずつ上げていた頃。
早いと言うべきか、まだ10年など経っていないと考えるべきか。
心境的には複雑ですが、タイヤも交換したことでまだもうしばらく頼むという気持ちは愛車に対しては変わりません。

長い付き合いの車ですが、まだまだ大事に。
タイトル画像

値上がりの世でも165/60R15はハスラー効果の方が高い。それが全てだ…

2023.01.20(22:05)

銘柄に拘りが無ければ…

10年前には登場していなかった先代のハスラー。
それまでに選択肢が無く、タイヤ探しや価格面で高いのを我慢していた自分のKeiワークスも恩恵を受けています。

165/60R15はマイナーなサイズでしたが、キャスト アクティバなどダイハツなども少し採用例が出たため
明らかにノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤを問わず選択肢は増えたのは現状です。

銘柄に拘らなければ、割と値打ちに買えるものも少なくないですが…
値上げ一辺倒の時にかつてより3割も4割も安く買えるのは少々複雑な気分。

しかも165/60R15というサイズは割と特売でも目立つような気がします。^^;
職もとりあえず決まり、試用期間の終了と今後の様子次第では今年はバイクの方を新調しようかと思案中。

車はホントにどうしようか…
タイトル画像

いいか~ 165/60R15のタイヤが高いなどあり得んのだ。

2018.10.21(20:17)

昨日は半日出勤しただけですが、休日の終わりが早いと感じています。

そんな中、ワイパーの拭き残し筋がガラス面に目立ち始めたので
ワイパーゴムを購入しにカーショップに。

今月は雨こそ量は降りませんが、なかなか朝から晩まで晴れということも無し。
そのため車のワイパーを利用していて気になったため交換を決意。
フェア期間中で店内商品が少し安いから行く気になったのが一番の理由ですけど… ^^;

昨年の5月にKeiワークスのタイヤをPlayz PX-Cに交換。
安くなっているのは店内全商品でしたが、中には目玉品も。

165/60R15のサイズでもさすがに安い。

今のKeiワークスを購入して間もない2009~2010年頃は
165/60R15サイズのタイヤはブリヂストンのPlayz PZ-XCかヨコハマのEarth-1二択で…
目玉商品になるようなサイズでもなく予算も50000円前後は見ておかないとダメでした。

今は改めて見ると各メーカーから選択肢も増えて、人気車種の採用例が増えたおかげで安い。
実質ポイントで消費税分を相殺可能なくらいと考えれば、ホントに30000円くらいでタイヤゲットですからね。

10年近く前から今までに天然ゴムの価格上昇とかで2~3回はタイヤ価格って値上げされているはずだけど…
やはり生産メーカーが増えて利用する車種と人が増えれば値上げされても恩恵の方が大きいらしい。

タイヤ売り場も少しずつスタッドレスにしている今はノーマルタイヤがお得ってこともありそうです。
昨年交換しているから必要はないけど、さすがに30000円ポッキリならコレにしたかも。

165/60R15のタイヤが無い、高い高いなんてのも過去の話ですね…
タイトル画像

エアコン使用でも燃費は… 落ちぬ、落とさぬ、下げさせぬ。

2017.08.16(09:06)

高速は混んでますが、案外一般道の方が空いていて快適。
とは言っても雨が降ったり止んだりでツーリングにはあいにくの天気。

何気にぞろ目だった…

雨模様なので遠出も車(Keiワークス)の機会が増えて給油のタイミングが来ました。
普段は給油を知らせるランプが点灯する前に入れるけど、今回は点いてから。
普段より走っていると思いましたが4のゾロ目… ^^;

値上がり傾向はあまりない

ガソリン価格も先月の1日給油時よりは2円ほど上がってますが、5月時よりは安い。
今年は割と財布にも優しい方ですな。(´ω`)

で、エアコンを常時使用している真夏時の燃費を改めて見ると…
19.6K/ℓ

先月の21キロなんて値は出なかったものの、カタログ値と全く同じ。
2キロ近く落ちているけど落ちてこの値なら上出来か。
実燃費の数字だけを見れば現行のエコカーと比較してもそれほど劣る事もない… はず。

昨年はエコタイヤではない旧PZ-XCタイヤ使用で7月の夏時に17.8k/ℓ
今のPX-Cに交換したのが5月なので昨年の燃費記録と同じ頃で比較した場合。
エアコン未使用で3キロ、エアコン使用時でℓあたり2キロほど高燃費という結果に。

次の給油はお彼岸の頃ですかね。
今年の年間平均は20kを狙えそうな予感がするけど、秋以降の数字次第か…
タイトル画像

Keiワークスのタイヤ。Playz PX-C、私は愛用しています!

2017.05.08(20:38)

まだ綺麗なタイヤ

先週の火曜日に車のKeiワークス用タイヤを交換して、昨日は高速などを走ってみた。
もうすぐ100kmくらい走り切るから皮むきも終わる頃だけど、改めて郊外~高速走行のレビュー。
一般道や街中のレビューは交換時のこちらにある記事をどうぞ。

そして感想ですが…
Playzの謳い文句にあるようにふらつき防止とか疲れにくいとありますが、
それは先代のPlayz PZ-XCを踏襲しているようです。

もっと言うと、車線変更が楽。エコタイヤになったからなのか分かりませんが、ハンドルが少し軽い。
けど、最初に履いていたファルケンのタイヤほど軽快なイメージではないのでバランス型かも。
安定感も引き継いでいる印象ですね。運転が楽しかったのはファルケンタイヤだけど。^^;

次に静粛性は以前のPZ-XCより大幅に↑。
そしてハンドルを握っている時、手に感じる振動も穏やかになった気がする。
これも疲れ低減には効果的ですな。

郊外の道路をよく走る、あるいは長距離の旅行とか移動、高速利用の機会が多い。
エコタイヤでも柔らかい乗り味でなく、しっかりとした乗り心地を重視する人向けか。
逆に町乗り主体とか柔らかい乗り心地を求めるなら別のタイヤの方が良さそう。

今週は雨の予報が出てるので、残りは雨天時の走行。
実現したら追記でレビューしますので、期待せずお待ち下さい。⇒Keiワークスのタイヤ。Playz PX-C、私は愛用しています!の続きを読む

165/60R15

  1. ヨコハマのBluEarth-Es ES32、165/60R15ならこれで十分結構です。(02/03)
  2. 値上がりの世でも165/60R15はハスラー効果の方が高い。それが全てだ…(01/20)
  3. いいか~ 165/60R15のタイヤが高いなどあり得んのだ。(10/21)
  4. エアコン使用でも燃費は… 落ちぬ、落とさぬ、下げさせぬ。(08/16)
  5. Keiワークスのタイヤ。Playz PX-C、私は愛用しています!(05/08)
次のページ