タイトル画像

ヨコハマのBluEarth-Es ES32、165/60R15ならこれで十分結構です。

2024.02.03(21:56)

先月末の点検時に少しタイヤのことを指摘されたので、次の車検はNGだろうと考え…
久しぶりに車のタイヤを交換しました。

2017年5月以来の交換なので、もう少しで7年経つ所でした。

結局ひび割れが先に…

前からそうですけど、自分の場合は摩耗が進んで溝が無くなるというより…
ひび割れやクラックが目立ってきて交換というケースが多いです。
そういう訳から、耐摩耗性も大事ですが劣化の進行が遅いタイヤの方が用途としては向いていますね。

タイヤも値上がりが…

前回は値引き品も含めると30000円そこそこから選べたものですが、
以前よりこのサイズを扱うメーカーも減り各メーカー値上げ&増税など。
廃タイヤの処分代も地味に上がっていたり、40000円そこそこ出さないと選択肢がありません。((+_+))

Keiワークスの場合、ハイト系ワゴンでも無くハスラーや以前は採用例のあったダイハツのキャストアクティバより
車重も100キロ前後軽いためヨコハマのBluEarth-Es ES32でエントリーモデルタイヤにしました。

これまでのPlayz PX-Cが転がり抵抗A、ウェットグリップb
BluEarth-Es ES32は転がり抵抗A、ウェットグリップcと多少落ちますが…
それが気になるような運転はしていないし、自分の車でヨコハマタイヤを使うのは初めてですが
柔らかい乗り心地で劣化も割とゆっくりだった印象があるため、
年間の走行距離も知れている今は無難なチョイスかと思います。

新品は気持ち良い

新品タイヤにすると乗り心地も気持ちよく、これも一応静粛タイヤを掲げてますから
劣化したタイヤと比べて静かになりました。

エコタイヤ→エコタイヤの交換なので発進時の軽快感などは前回の交換時ほど感じなかったので
ウェットグリップがどうこう言っても数%くらいの違いかと思います。

改めて、旧タイヤ ブリヂストンplayz PX-C 使用期間6年9ヶ月
タイヤ交換時

走行距離:25958キロ
前回が20000キロを下回る時点で交換してますから、多少は長く使いましたが…
40000キロオーバーで初回交換を考えると今は乗らなくなりました。

2017年の交換時は確か前の職場で主任昇格後、再び服薬をしながら悲鳴を少しずつ上げていた頃。
早いと言うべきか、まだ10年など経っていないと考えるべきか。
心境的には複雑ですが、タイヤも交換したことでまだもうしばらく頼むという気持ちは愛車に対しては変わりません。

長い付き合いの車ですが、まだまだ大事に。
タイトル画像

エブリイに代表される5AGS、これもまた締めに相応しい…

2023.12.29(21:25)

普及しなかったAGS

もう7年前になりますけど、年明け後に免許を返納する父が最後に乗ったのは商用車でもあるスズキのエブリイ。
当時のレビューもココに残っているので、改めて年数が経ったなぁと感じます。

某日産車が壊れたため、急遽代車を探したのですが遠出もしないし維持費や諸々を考えて…
ディーラーで新古車を探してもらいました。

商用車ですが、最初の車検まで2年という期間は少し短いものの
以後は乗用タイプと同じ2年間隔で税金は安いです。(/・ω・)/

またATが全盛の中、エブリイはMTタイプの設定も残っており、
当時新しく搭載された5AGSを珍しさもあったと思うのですが、父は選びました。

アクセルを踏んで戻してを調整しながら1速、2速と自動で変速されるものの
ATほどキビキビと走れないことや少し慣れが必要なこともあったのか、普及はしませんでしたね。^^;

2年前の先代アルトにはAGSの設定はありましたが、現行では無くなり
ワゴンRやハスラーといった売れ筋車種には当時から搭載が無く、今ではエブリイのみの搭載と何とも寂しい限り。

MT車と同様に慣れや人を選ぶのは間違いないですけど、昨今で話題になる
アクセルとブレーキの踏み間違い事故。
個人的な意見ですがAGSは大幅に緩和出来るトランスミッションかと思ってます。

アクセルを踏み込んで回転数が上がり速度も上昇した後にアクセルを戻す。そしてギアが変わるため…
アクセルをベタ踏みでも、低速ギアで回転数ばかり上がって即急激に動くことは無いから
反応が遅れても大惨事は大分防げそうな気がする。

勿論、手動でギアの上げ下げを自分でしても良い訳で…
不評ではあったんだろうけど、着眼点は悪くないと思いますし
高齢ドライバー増加に伴いAGSのアプローチはあっても良かった気がする。

自分も車に乗らない選択をするのはいずれ来ますけど、その最後は何に乗っているかなぁ。
EVなのか燃料電池車なのか… あるいは自動運転車?

現在は二転三転していますけど、自分で納得して乗れる未来が来ることを願いたいです。
タイトル画像

低燃費を謳わずともKeiワークスでこのくらいの数値は出せる。下手にエコを求めんことだ…

2023.12.26(19:57)

馴染みの運転席

既に旧車となりつつある自分のKeiワークスも長い付き合いになりました。
今はオイル交換なども0W-20あたりが一番目立つ位置にあって…
さらに低燃費向けの0W-8や0W-16といったものも目にするようになっています。

5W-30や10W-30程度のものを買おうとすると、既に主力では無いのかと時代の流れを感じます。

先月の26日以来
ただ、改めて燃費を調べてみると…

ほぼピッタリ
あまり変動なし

21.48k/ℓ
MT車の場合はカタログ値との乖離は少ないと今でも思います。

スズキ車だと新型スイフトが出ましたが、従来のJC08モードではCVT車の方が燃費数値は上でも…
WLTCモードだと5MTの方が上回っており、好みのことを抜きにしても選択肢としてあるなら次もMT車ですね。

予定通り進むとは思えませんが、二輪もエンジン車が生産中止となる年も決まっているため
ガソリンエンジン車や変速機がMTとかATなどと悩むのも次の愛車が最後だろうか。

車、バイク両方所持も最後になるかも…
楽しみと生活の足としての両立、なかなか難しいなぁ。
タイトル画像

古くなったKeiワークスと言えども燃費で現行車を羨む必要は無い。落ち着きなさい…

2023.11.26(19:27)

先月の29日以来の給油へ今日は赴きました。
ガソリン価格も真夏時よりは落ち着いているとは言え、高値で推移は続くので
今後もエコ的な運転は続ける方が吉でしょう。

先月と変わらなかった…

価格は先月と全く変わっておらず、意地でも減税をしないという現政府の意向では
このあたりが限界か。
150円超えでも高いと思いますけどね…

高速主体で伸びた

給油警告灯が点灯する前にGSへ行ったものの、高速も割と使った月ということもあり
意外と距離を走ってました。

そして満タン法の計測だと…
22.77k/ℓ

エアコンなしで気持ちよく走れる冬の前の時期。
例によって好数値が出ますね。^^;

4月、5月、11月あたりが昨年も燃費の良かった月ということを考えると…
遠出もその頃がベストか。

副業をしているとは言え失業中には違いないので、程々ですけど。
旧車にはなったKeiワークスもまだまだ現役で…
タイトル画像

一時的な値下がりでも、俺の目は誤魔化せんぞ…

2023.10.29(19:51)

意地でも減税しない政府の姿勢が鮮明になってますが…
ガソリン価格補助金も延長があったため、今日の段階での給油は先月の12日より大分下がりました。

やっと150円代…

ただ、150円代というのも高いと感じるのは変わりが無く
給油の度に価格を気にするのは最近は当たり前になりました。

出掛ける前に…

明日あたりに少し出掛けようかと考えているため、
車の方へ少し早めに給油。

燃費に関しては…

19.96k/ℓ

猛暑があった9月半ばあたりから考えると、今月は涼しくなったこともあり
大分持ち直した感が強いです。

父の状態が急変する感じでは無いので、日帰りで何処かへ。
少し近隣で息抜きは6月以来。

もうそんなに経ったかと言うべきか、まだそれだけか…

スズキ

  1. ヨコハマのBluEarth-Es ES32、165/60R15ならこれで十分結構です。(02/03)
  2. エブリイに代表される5AGS、これもまた締めに相応しい…(12/29)
  3. 低燃費を謳わずともKeiワークスでこのくらいの数値は出せる。下手にエコを求めんことだ…(12/26)
  4. 古くなったKeiワークスと言えども燃費で現行車を羨む必要は無い。落ち着きなさい…(11/26)
  5. 一時的な値下がりでも、俺の目は誤魔化せんぞ…(10/29)
次のページ